JUiLO エッセンス
バリア ファンデーション

















素肌に差がつく"JUiLOのヒミツ"




10種の植物幹細胞+美容サポート成分が
メイク中のスキンケアを実現。
しっとり滑らかな心地よさにこだわり、
肌ストレスとなるUV効果を省きました。
素肌の質感残すナチュラルな仕上がりで、
メイクオフ後はうるおい肌を叶えます。




















10種の植物由来幹細胞エキス




スキンケアには気をつけているけどお肌の乾燥を感じる…
JUiLOはそんなお肌の悩みに寄り添う美容液ファンデ。
たっぷり10種類の植物幹細胞エキス配合で、
お肌と悩みをナチュラルにカバーする
潤いメイクを体感してください。





フラット
スキンケア

メイク中もスキンケアを
怠らず、素肌を整える。

スキン
バリアケア

紫外線、ストレスなど
刺激からお肌を守る。




 
1.アルガンツリー

うるおい肌で保湿カバー
 

激しい干ばつと極度な高温に耐える生命力を宿し、絶滅危惧種ともいわれる貴重なアルガンツリーから抽出・培養した幹細胞エキスがお肌のうるおいを保ちふっくら肌を叶えます。


成分表示名称:アルガニアスピノサカルス培養エキス


 
2.アルペンローゼ

ハリのあるふっくら肌
 

ポリフェノールや、タンパク質の変質を防ぐデハイドリンを多く含むスイスアルプスの高山植物アルペンローゼ幹細胞エキスが、乾燥によるダメージを防ぎお肌にハリを与えます。


成分表示名称:ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス


 
3.コンフリー

するっとなめらかなお肌へ
 

ヨーロッパでは古代より創傷治療に用いられていた記録が残っており、万能薬とされていた植物コンフリー幹細胞エキスが、するっと肌ざわりの良いなめらかなお肌を保ちます。


成分表示名称:コンフリーカルス培養エキス


 
4.シーホリー

ひきしまったお肌を保つ
 

地球上に2%程度しか存在しないと言われている貴重なシーホリー幹細胞エキスが、お肌のコラーゲンやエラスチン、プロテオグリカンを保ち、ハリのあるひきしまったお肌を保ちます。


成分表示名称:エリンギウムマリチムムカルス培養液


 
5.リンゴ

お肌にハリを与える
 

古くは保存性の高さから重宝された、スイスに数本しか植栽されていない「ウトビラー・スパトラウバー」という貴重なリンゴの幹細胞エキスが、お肌にハリを与えます。


成分表示名称:リンゴ果実培養細胞エキス


 
6.ブドウ

紫外線ダメージを防ぐ
 

ガメタンテュリエ種という紫外線耐性の強い品種のブドウから抽出・培養した幹細胞エキスが紫外線によるダメージを防ぎ、健やかなお肌を保ちます。


成分表示名称:ブドウ果実細胞エキス


 
7.エーデルワイス

環境ストレスから守る
 

高度1,500m〜3,400mに寒さや乾燥、紫外線の中で生育できるよう、紫外線などのダメージから自身を防御するエーデルワイス幹細胞エキスが、環境ストレスからお肌を守ります。


成分表示名称:エーデルワイスカルス培養エキス


 
8.マリンフェンネル

お肌を守るヴェール
 

乾燥・紫外線・環境の変化による様々なストレスに対応する能力を備え、海中と陸上の環境の違いに適応するマリンフェンネル幹細胞が、様々な環境ストレスからお肌を守ります。


成分表示名称:クリスマムマリチマムカルス培養液


 
9.グロブラリア

すこやか肌を補い保つ
 

標高2,000m、気温マイナス30℃の過酷な環境下に生息しており、そこで生き延びる生命力を備えたグロブラリア幹細胞エキスが、お肌の健やかな状態を補い保ちます。


成分表示名称:グロブラリアコルジホリアカルス培養エキス



 
10.ライラック

肌荒れを防ぐ
 

ヨーロッパ南東部で生産されるライラックから抽出・培養した幹細胞エキスが、ストレスが多く敏感で荒れがちなお肌を健やかに保ち、肌荒れを防ぎます。


成分表示名称:ライラック葉培養細胞エキス

※全てイメージ画像 ※全て整肌成分です。






その他の美容サポート成分












10種の植物由来幹細胞エキスに+
美容サポート成分もたっぷり配合
よりしっとりふっくらしたお肌に整える




















ナチュラルカバーで輝く素肌、
上品でセミマットな質感を演出*

*メイクアップ効果により






ご使用方法





1.よく振ります
 

化粧下地やサンスクリーンをつけた後に、必ず容器を10回程度よく振ってからお使いください。



 
2.お顔にのせます
 

手の甲にパール大をとり少し混ぜ、額、両ほほ、顎にのせます。軽い質感なので垂れないようご注意ください。



 
3.お肌になじませます
 

中心から外側へ伸ばしていきます。生え際や輪郭、鼻の周りはぼかすようになじませてください。



 
4.気になる部分も
 

お肌になじませた後、気になる部分は手の甲の残りをとり、トントンとやさしく叩き込むようになじませます。



 
5.仕上げはお好みで
 

ナチュラルメイクはこれ一本、しっかりメイクには上からいつものファンデを塗っていただくとより一層綺麗に仕上がります。






ナチュラル派にはこれ一本、
しっかり派は上からいつものファンデで印象アップ*
*メイクアップ効果により